「日本での体験入学」アンケートへのご協力のお願い

沢山のご協力を有難うございました。

この夏も、日本での一時滞在の機会を利用して、多くのお子さんが日本の学校に編入学(いわゆる「体験入学」)したことと思います。調べてみると、体験入学の制度は市区町村により異なり、また学校によっても状況は異なるようです。ボストン日本人会では、今夏の皆様の体験入学のご経験を出来るだけ多く集めて、今後、新たに体験入学するご家庭の参考になるようにしたいと考えています。

つきましては、ニューイングランド6州にお住まいで、またはニューイングランド6州の日本語補習校に通学していて、今年(2017年)、日本に一時滞在した際に小中学校に体験入学したお子さんの保護者の方に、以下のアンケートへのご協力をお願い申し上げます(一世帯につき一回の回答でお願いします)。

アンケートサイト:https://jp.surveymonkey.com/r/ne_taiken

このアンケートには、「全般」、「事前準備」、「日本入国後」、「体験入学中」に関する合計26問の質問があります。基本的に全ての回答は選択式で、回答に要する時間の推定は6分間です。お忙しいところ恐縮ですが、コミュニティの集合知を高めるためご協力をお願い申し上げます。

このアンケートサイトは9月17日(日)夜に受付を終了し、結果をボストン日本人会会報10月号、また10月以降、ボストン日本人会のウェブサイトに掲載いたします。

皆様のご協力に厚くお礼を申し上げます。

アンケートへのご協力のお願い

この調査は終了致しました。

在ボストン日本国総領事館・アンケートへのご協力のお願い

在留邦人の皆様から当館の領事サービスに対するご意見、ご要望などをお伺いするため、12月7日(水)までアンケート調査を実施させて頂きます。
この調査は、領事サービスの向上・改善に取り組むため毎年秋に実施しており、頂いたご意見の中で当館限りでできるものは対応させて頂き、それ以外のものは外務省で中長期的な対応を検討しています。
お忙しいところ恐縮ですが、ご協力をお願い申し上げます。

○オンラインでの回答方法(iOS、Androidのスマートホン、タブレットにも対応しています)
https://www.deliver.mofa.go.jp/m?f=1598

○ハードコピーでの回答方法
http://www.boston.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_questionnaire.html

(本件照会先)在ボストン日本国総領事館 領事班
電 話:(617)973-9772
FAX:(617)542-1329
メール:ryouji@bz.mofa.go.jp

*当会へのお問い合わせはご遠慮ください。

震災後の心身状況に関する調査協力のお願い

在ボストン日本人の震災後の心身状況に関する研究調査への協力のお願いが届きましたので、お知らせいたします。

*********************************************************************

東日本大震災では、多くの方が犠牲になられ、在米の皆様の中にもご家族やご友人が被災された方がいらっしゃると思われます。謹んで哀悼の念を表します。

私たちは、研究者の立場として、また皆様と同じく米国に住む日本人として、母国から遠く離れていることで、日本にいらっしゃる方とは異なった影響であったのではないかと考えています。そこで、米国に住む日本人の方々に、どのような形で震災情報にアクセスをしてきたのか、そして、震災後に心身の状況に変化があったのかを調べるため、オンライン・アンケート調査を実施しております。

皆様の参加は、全くの自由意志であり、調査は匿名で行われ、約20分で終わります。この調査は将来的に、在外日本人のための情報提供の在り方、心身のケアの体制整備に役立てられることになるでしょう。なお、この調査を受けていただくと、私どもの拠出にて、お1人につき1ドル、被災地でボランティアを行っている訪問看護グループ・キャンナス(http://www.nurse.gr.jp/)に義援金として寄付されます。

下記がオンライン調査のURLです。
https://bcnursing.qualtrics.com/SE/?SID=SV_3IcOEbji0RvALFa

本調査は、ボストン領事館からの協力も得ており、領事館ホームページにお知らせを掲載していただいております。
http://www.boston.us.emb-japan.go.jp/ja/GREAT%20EAST%20JAPAN%20EARTHQUAKE/Events/2011events.html

何かご質問などがありましたら、どうぞご遠慮なくご連絡を下さい。お忙しい中を大変恐縮ですが、ご協力に感謝いたします。

細田 満和子 
博士(社会学)
ハーバード公衆衛生大学院
mhosoda@hsph.harvard.edu

原田 奈穂子 
修士(看護) 
ボストンカレッジ看護学大学院
haradan@bc.edu

(ボストン日本人会へのお問い合わせはご遠慮ください)

______________________________________________________________________________